ハイタカ

♯1「カラスvsハイタカ」
20141023-090302-6182.jpg
K-5Ⅱs/ DA★300mmf/4ED [F5.6 1/750 ISO200 +1.5EV]

先日はカラスvsハヤブサを記事にしましたが、今回はハイタカです。
昨日の軽登山という名の探鳥から下山し、麓の駐車場に車を入れたらば
またもや「ギャー!」というカラスの鳴き声が…。
声の方を見ると、カラスを追い掛ける猛禽の姿♪
車から降り、ダッシュで現場に急行しました!
走り寄る途中で、小高い土手の向こうに消える前にと撮った写真が
この写真で御座います(^^

※写真はクリックすると拡大します。


♯2「なおも突進」
20141023-090528-6211.jpg
K-5Ⅱs/ DA★300mmf/4ED [F5.6 1/750 ISO160 +1.0EV]

土手向こうに消えたと思ったら数秒後に、左手の木立ちの上に出て来た。
この時は完全に1対1のタイマン勝負。
カラスは完全にやられっぱなし状態で御座いますw
やはりカラスは集団戦で能力を発揮するようですね。

♯3「大きさ比較」
20141023-090530-6213.jpg
K-5Ⅱs/ DA★300mmf/4ED [F5.6 1/750 ISO200 +1.0EV]

扉の写真見て、結構大きめの猛禽だと思った事と思いますが
カラスより遥かに小さいっすw
ハトをちょっと大きくした程度。

♯4「ハイタカ キーック!」
20141023-091058-6230.jpg
K-5Ⅱs/ DA★300mmf/4ED [F5.6 1/750 ISO280 +1.5EV]

この瞬間はもっとしっかり撮りたかった(>_<) ハヤブサほどではないのですが、結構なスピードで飛び回ってまして しかも! 私の頭上5m位を飛んで行ったりww もうなんか、迫力満点で御座います♪

♯5「ハイタカ」
20141023-090308-6185.jpg
K-5Ⅱs/ DA★300mmf/4ED [F5.6 1/750 ISO200 +1.5EV]

小さくてもやっぱ猛禽、オオタカの小っちゃい版で御座います♪
オオタカが未だ未撮影で、なんとか撮りたいと思ってる毎日ですが
初め見た時は「ついにオオタカだ!」と思ったんです。。。
でも直ぐにカラスより小さくて、見慣れたハイタカだと気付いたのですが
でもまぁ、こうして近くで撮れたし、カラスとの比較写真も初めてなので
ラッキーだったと嬉しい光景に感謝で御座います(^^
ハイタカの大きな画も準備しました(^^
http://photozou.jp/photo/photo_only/2354561/213056254
http://photozou.jp/photo/photo_only/2354561/213056632

ハイタカ」への6件のフィードバック

  1. reota

    カラスは何となく悪役のイメージですね(笑)
    いいぞ!やっつけろー!といったところでしょうか。
    カラスも真っ黒じゃなくて、もう少し撮り甲斐のあるガラなら
    いいのですけどね^^;

  2. ナイス兄貴

    カラスはどうやっても好きになれません。
    可愛げがあると親近感もわくのでしょうけど(笑)
    さて、レンサバを検討中だと思いますが、そこだと大きな画も自分のところに貼り、
    管理出来る様になりますね。
    フォト蔵ともおさらばできます。フォト蔵もいつまで続けるかわかりませんからね(笑)

  3. iMovie

    こんにちは
    カラスvsハイタカのケンカ、迫力満点ですね。
    どうもセロ戦とグラマンとの戦闘シーンと重ねてしまいます。
    旋回能力が劣るグラマン、単機でゼロ戦と対峙するのは禁止
    されていました。
    アメリカの戦術、このようなシーンから学んだのでは?
    と思ってます。

  4. bluem

    ■reotaさん

    色といい、鳴き声といい、集団性でもあるし
    頭は良いしで、悪役のイメージにピッタリですよねw
    でも子育てを懸命にしている姿やヒナを見ると、これはこれで
    微笑ましかったりするんですよ(^^
    んでカラスでもアルビノの白種はスーパーレアで
    格好の被写体になったりしますので人間の勝手ですよね(^^

  5. bluem

    ■ナイス兄貴さん

    オヤビンや子分のように「ご飯ちょうだい」と事務所まで来て
    しかも貰うために、何か芸を披露するなら可愛く見えるんでしょうねw
    レンサバ移行は検討しておりますが、只今スーパーウルトラ仕事が重なって
    時間が思うようになっておりませんでしたw
    申し込んで開設するのより、過去記事を吸い上げて再構成するのが
    面倒そうだなぁと、少し調べた限りで感じておりました。
    先にドメインとサイトは構築しておいて、ゆっくり体裁を整えて
    来年正月オープンとかにしようかとか。。。
    ちょいと分からないトコとかあるので、後で纏めて
    メール入れときます(^^

  6. bluem

    ■iMovieさん

    先日のハヤブサに続き、猛禽vsカラス対決に偶然遭遇する機会が
    続きまして、これは念願のオオタカ激撮までのカウントダウンではないかと
    ニヤリとしておりました(^^
    この夏に「永遠のゼロ」を読みまして、当時の空中戦のパイロットの
    視点で本を初めて読んだのですが、運動性能で勝るゼロ戦も、奢る大本営と
    物資の乏しい日本経済による悲劇の象徴のようで、涙しながら読みました。
    運動能力を高めるために、パイロットを守る装甲板とか無いに等しく
    死を美徳する思想と、人としてのパイロットの命を大事にする国との
    違いなど、大戦時の勝った負けた以外の部分の処を、あまりに
    知らな過ぎた自分が恥ずかしくなりました(^^

コメントは停止中です。